プロレス統計

「プロレスの数字とプロレスする」をテーマにプロレスに関連する数字を調べ、まとめ、考えるブログです。

MENU

プロレス全般

後楽園ホールの観客動員について諸解析2019

日本プロレス界における”聖地”と言えば東京・水道橋にある後楽園ホールであるというのは識者の中では共通認識として成立しているものだと思います。それはファンにとっても団体にとっても同様で、小規模な振興団体でいうとまず後楽園での大会の開催を目標に…

プロレス界”新しい景色”ランキング

「新しい景色」と言えば皆さんは何を思い浮かべますか?ちょっと調べてみたところサッカー日本代表の2022年のスローガン?キーワードが「新しい景色を2022」*1になっているらしく世間一般的にはそっちが浮かぶんじゃなかろうかとも思うんですが、ことプロレ…

各種数値で振り返るWRESTLE KINGDOM WEEK

2020年も1週間が過ぎました。毎年の事ではありますが、この年始の1週間の間には特に東京都下において数多くのプロレス興行が開催されます。その理由については定かではありませんが(多くの職業が休みで動員しやすいとかもありそう)、アメリカではWWE最大のイ…

国内全興行データで見る2019年の日本プロレス界:観客動員など編

2019年の日本国内のプロレス団体について総動員や総大会数についてまとめました。

読まれた記事ランキングで振り返る2019年のプロレス統計

2019年も最終日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は久々に実家に帰ってぐうかわ猫に骨抜きになったりしています、というかこの猫に合うために普段帰省しないタイミングで帰省したまである。 それはさておき、本日の昼間には既に記事も投稿して「これで…

【GAS】プロレス団体フォロワー数推移調査

つい先日、というには少し前すぎますが、ブラック・アイさんでスターダムのフォロワーの急増に関する記事があり、そこで弊ブログの記事が紹介されてました。 blackeyepw.com 12月の6日の時点でスターダムの公式アカウント(@wwr_stardom)のフォロワー数が4万…

2020年1月4日&5日 都内開催プロレス興行まとめ

毎年の年末年始はプロレスのみならず格闘技興行界隈が活気づく季節ではあります。特にプロレス界では年始以降に例年ぎゅっと興行が集まっている傾向があるのですが、今年は特に4日・5日が土日に重なるという好条件もあってか都内に限っても多くの興行が開催…

MVPの”V”ってなんなんだ?という話

年末はリング上とは打って変わってファンの口上、タイムライン上で白熱したレスバトルもとい議論が交わされる時期でもあります。その理由は東京スポーツを皮切りにした各種プロレス大賞企画がスタートする時期でもあるからです。まぁ近年のパターンでいえば…

各種数値で見る週刊プロレスプロレスラー選手名鑑2020

年末のプロレスといえば各種タッグリーグに各種大賞モノ、そして週刊プロレスのプロレスラー選手名鑑の発行の季節でもあります。って書き出しは実は去年も同じタイミングでやってるんですけど、今年もプロレスラー選手名鑑2020の書影が公開されましたね。 【…

選手の入れ替わりで見る日本プロレス界

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」というのは鴨長明の方丈記の書き出しですが、つまりは物事は常に変化し続けているということですね。それに関してはプロレスも同様で、「日本プロレス界」をここでいう河に例えるのならそこを流れる水…

メインと第1試合の年齢・キャリアで見る日本のプロレス:2018年版

つい先日のことですが、新日本プロレスの後楽園大会を見ていた時にふと「今日の第1試合は平均年齢高そうだな」と思ったんです。まぁ新日本としては久々にベテランも若手もみんなが参戦するシリーズなために、大ベテランが第1試合に出場することもあるわけで…

男女別・団体別でみるプロレスラーの年齢・キャリア

実は、というほどのことでもないですけど、私は結構な時間Twitterを眺めていて普段の解析のネタとかをゲットしたりしています。そんな中で今回「プロレス統計」でエゴサをした結果見つけたのが古城ベビーさんという方の以下のツイート 海外プロレスの新人的…

国内全興行でみる日本のプロレス会場

ここ数週間ほどかけて国内の全興行を集計し、そのデータで様々な解析をしてきました。大会数・動員、または各選手関連数値などです。で、もうだいたいやりつくしたんでは?と思っていたんですが先日新日本の後楽園での動員解析をしていてふと「そういえば会…

国内全試合で見る日本のプロレスラーたち

先日主に興行面で日本国内の全興行についてまとめた記事を出したわけですが、その集計の際には各大会だけでなくそこで行われた各試合についても集計していたのでそれについても集計しようといろいろ試行錯誤していました。その結果1週間もかかってしまいまし…

フォロワー重複度でみる所属選手関連度:各プロレス団体編

先日いくつかの国内のプロレス団体について、Twitter上でのフォロワーを集計し、報告しました。その際は単純にフォロワーの数や、団体間の重複度などについて検証を行いましたが今回は各団体の内部について、集計したアカウント間のフォロワーの重複度などを…

【Twitter】続・プロレス団体フォロワー重複度調査:女子プロレス編

つい先日、ふとした思い付きで行ったプロレス団体のフォロワー重複度解析ですがおかげさまで弊ブログに珍しく多くの反響・反応を頂けました。まぁ壁当てじゃないんだからこうして反応がどんな形であれ帰ってくると嬉しいものですね、なので皆さんも軽率に反…

【Twitter】プロレス団体フォロワー関連性解析ほか

さてつい先日、丸2日をかけて集計した国内の各プロレス団体のフォロワー情報についての報告をしたわけですが、せっかくなのでもう少し違う面からの解析をしていこうと思います。というわけで今回は、要素同士のつながりの強さを表すときに用いられる共起ネッ…

【Twitter】プロレス団体フォロワー重複度調査

なんだか空気も気温もすっかり秋らしくなってきた昨今皆様いかがお過ごしでしょうか。とはいえこれからは稲花粉の季節で稲花粉にだけ過敏に反応する筆者にとっては辛い時期の始まりでもあります、ご飯大好きマンだからスギ花粉みたいに「杉よ絶滅しろ!」と…

Cagematchで調べる各プロレス団体:試合数値編

少し旅行沙汰が積み重なって中々集計なり解析なりする時間がなかったのでだいぶお久しぶりになってしまいましたが、今回は久々に解析事です。つい先日新日本プロレスにおいて今年5度目になるリマッチなんかがあったりして少し話題になってたのを見て以下のよ…

動員観客地域別分布でみる日本プロレス団体:2018年Cagematch版

【9/12 追記・修正】 つい先日のことですが、海外のプロレス情報サイトで「来年の新日本のG1CLIMAXはオリンピックを避けて9月・10月に開催されるかも」なんていう話がありました。もちろん公式リリースはないのであくまでも憶測・計画ではあるんですけど、確…

Cagematchユーザー評価で見る各プロレス団体

弊ブログではことあるごとにデータ収集のお世話になっているドイツのプロレスデータベースサイト、Cagematch。国内外を問わず様々な団体の情報が集積してあるのでそれだけで便利なんですけど、それとはまた別に参考になっているのが登録しているユーザーによ…

8.24 大日本プロレス 後楽園ホール大会 ツイート解析

晩夏と言えども中々に熱い夏を皆様いかがお過ごしでしょうか。さてつい先日のことですがプロレスオタクの中で最注目と言っても過言ではない大会がありました。それがタイトルにもなっているように大日本プロレスの後楽園ホール大会。つい先日日本に初上陸し…

各種数値で見るNumberプロレス総選挙2017-2019

数か月前からNumberの特設サイトで行われていたNumberプロレス総選挙FINALも無事締め切りを迎え、つい先日発表号も発売されましたね。その結果については以下のツイートを見ると大まかにはわかるでしょう。 5万5222人の皆様、投票ありがとうございました!#N…

各種数値で比較する関本大介とマイケル・エルガン

日本は本格的な梅雨に突入し、すっかり曇天が増えていた昨今ですがそのジメジメをぶっ飛ばすようなニュースが国内プロレスファンの間に拡散しました。 【速報】8/24後楽園ホール大会8/25名古屋国際会議場大会マイケル・エルガン(@MichaelElgin25 )選手参戦…

【Twitter】プロレス団体ハッシュタグ間ユーザー重複度調査

現在のプロレス界の状況について調べるうえで当ブログでは様々な数値を使ってきました。その中でも様々な解析ができるのがTwitterのユーザー情報で、つい先日は新日本プロレスにおける実況ユーザー数の変化について調査しました。今回は新日本以外にもこれま…

【Twitter】メディアの有無によるツイートのエンゲージメントへの影響についての検証

これまでにも弊ブログで様々な解析に用いてきたTwitter。何か面白いことはないものかと日々コードをいじっているんですが、今回調べたのはいわゆるメディア付きツイートについて。ツイートのエンゲージメント(クリック、リツイート、返信、フォロー、いいね…

動員と大会数でみる2018年の日本プロレス界

新年度も始まりはや3週間も経った今日この頃ですが皆様いかがお過ごしですかね。なんだか年度末もですけど年度初めも年度初めで「やることが…やることが多い…!」となっている気がするやつ、なぜなのか。 まず2018年度のプロレス団体上位10社の国内総観客数…

矢野経済研究所「オタクに関する消費者アンケート調査」から見る日本プロレス市場

色々と衝撃的なニュースが続く昨今ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。まぁ自分の周りでもそれにやられている人が多々いるせいもあって自分もちょっとネガティブな気分になってですね、「そうだ!こういう時は気分を変えて別の解析をしよう!」と思い立っ…

ネット・プロレス大賞2018各部門で振り返る2018年の日本プロレス界

早速ですがつい先日、ブラック・アイさんが主宰しているネット・プロレス大賞2018の全結果が発表されましたね。2006年から毎年開催されており今年がなんと13回目、いやぁ毎年のことですが頭が下がる思いです。個人的にネットプロレス大賞は、初めて結構な規…

開催期間でみる各団体リーグ・トーナメント戦

日本プロレス界において長らく使われている言葉に「年末はタッグの季節」なんてのがあります。その言葉を聞いて最近新日本プロレスのファンになった人々(自分を含めて)は「そういえば新日本のWORLD TAG LEAGUEもあるし全日本の世界最強タッグもあるしなぁ」…