プロレス統計

「プロレスの数字とプロレスする」をテーマにプロレスに関連する数字を調べ、まとめ、考えるブログです。

MENU

その他まとめ

大会ロゴとキャッチフレーズで振り返るG1 CLIMAX17~29

いよいよ本日エントリー選手も発表される(予定)のG1 CLIMAX、この新日本の名物シリーズも今年で29回目、来年は大台でもある第30回大会が行われることになります。そんなG1ですがじつは近年は毎年のようにロゴも変更され、キャッチフレーズも設定されており…

各種数値で知るKENTA、もしくはヒデオ・イタミという男

俄かにTLをざわつかせた6.9大阪城ホールの狂騒も次第に落ち着きを見せた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私自身もとてもじゃないが心穏やかでなかったのは確かですが、多少は平静を取り戻しつつある昨今です。というわけで、もうすぐKIZUNA…

各種数値で比較するオカダ・カズチカとクリス・ジェリコ

東京ドーム大会に次ぐ、年間最大級のビッグマッチである大阪城ホール大会、Dominionもついに目前に迫ってきました。そのメインイベントは、MSGでベルトを奪還し5度目の対韓となった王者オカダ・カズチカ対、サプライズ参戦から2年弱にして遂に本丸に到達した…

各種数値で振り返るBest of the Super Jr. 26-大会動員/試合時間/ツイート編

日数及び参戦選手数の両方においてまごうことなぐ最大規模で開催されたBest of the Super Jr. 26も先日をもって閉幕しました。新日本プロレスのリング上としては早くも6.9大阪 Dominionに向けて流れが進んでいるような心地もありますが、その前に一度今年のB…

2019年5月の新日本プロレス ツイート+大会動員数解析

新元号への改元という数十年に一度のビッグイベントからスタートした5月でしたが、個人的には怒涛の勢いで過ぎ去ったような心地があります。日常生活で普通に忙しかったのもありますが、新日本プロレスもBOSJが全戦中継になったことで毎日のようにタイムシフ…

各種数値で知るジョン・モクスリーという男

昨日、私のタイムラインと新日本プロレスのハッシュタグがにわかに騒がしくなっていたのですが、その元凶は以下のツイート .@njpw1972 pic.twitter.com/ooLD0aIXA4 — Jon Moxley (@JonMoxley) May 27, 2019 その映像は、新日本を見ている方ならご存知のジュ…

過去対戦で振り替える棚橋弘至対ジェイ・ホワイト

年に一度のジュニアの祭典Best of the Super Jr.も開幕しましたが、今年の特色としてはその優勝決定戦の舞台が両国国技館になったこと。第2回Top of the~が同会場で行われたことはありましたが、BOSJという現在の名称に変わってからは実は初めての開催なんで…

ヤングライオンinBOSJを振り返る

さて先日お知らせしたとおり、エル・デスペラード選手の負傷とフリップ・ゴードン選手のビザトラブルで2名の欠場が出たBOSJ26。すぐさまその欠員が埋められ、デスペラード選手の穴は弟分といってもいいDOUKI選手で埋められましたが、フリップ選手の穴はとい…

各種数値で知るDOUKIという男

弊ブログとしてはBOSJのまとめも無事終わり、両国や大阪城で行われるカード についてまとめるかなー?なんて思ってたところだったんですが、そんな気分を吹っ飛ばすような衝撃ニュースがやってきました。先日のタカタイチ興行でのvs葛西純戦のダメージが深い…

襲撃とビデオメッセージで振り返るクリス・ジェリコ

大盛況のうちに終了したレスリングどんたく2019、熱戦も数多く生まれたシリーズだったわけですけど、ある種その最後の最後ですべてを掻っ攫っていった感があるのはこの人。 【YouTubeで緊急アップ!】場内騒然! “苦痛を与える男”クリス・ジェリコが IWGPヘ…

過去対戦で振り返るオカダ対SANADA

さて前述の通り、どんたく2連戦に突入して怒涛の振り返り中ですが、今年で2年目となる博多どんたく2DAYS、そのオオトリを飾ることになったのはご存知の通りのオカダ・カズチカvsSANADA。 【5月4日(土・祝) 福岡“2日目”の全カード決定!】・メインは“IWGPヘビ…

過去対戦で振り返る石井智宏対EVIL

さてGWということですっかりのんべんだらりとしていたんですがどんたくも直前になって「過去対戦振り返りやっとらんやんけ」と気づいた奴です。今シリーズはビッグマッチも盛りだくさん、ということであまり先にまとめてしまってもなーとおもってとっておい…

バリエーションで振り返る”七色の”レインメーカー

どんたくシリーズは本格的に九州へ伝播する後半になっていますが皆様いかがでしょうか。それはすなわち世間一般でいうゴールデンウィーク突入なわけですが、帰省の予定も他の用事もない私はのんびり映画見たり喫茶店の開拓したり、はたまた何か新たに解析し…

各種数値で機運を高めるBOSJ26

ついに先日の後楽園大会で今年のBOSJの出場選手も最後の1人を除いて発表されましたね。まぁそのメンツについては結構前からLINEチケットなどで示唆されていたメンバーそのままではあったんですけど、今年は全戦LIVE配信に決勝は両国、というスペシャル仕様だ…

各種数値でみるジェイ・ホワイトと後藤洋央紀

さてレスリング尾張の国もといSENGOKU LOADも終わって本格的に戦場は九州へ、という感じですね。 気づけばどんたくシリーズもビッグマッチ及び準ビッグマッチの数が屈指のシリーズ(リーグ戦など除く)になりましたけど、その中でいうと初めに準ビッグマッチに…

動員と大会数でみる2018年の日本プロレス界

新年度も始まりはや3週間も経った今日この頃ですが皆様いかがお過ごしですかね。なんだか年度末もですけど年度初めも年度初めで「やることが…やることが多い…!」となっている気がするやつ、なぜなのか。 まず2018年度のプロレス団体上位10社の国内総観客数…

各種数値で振り返るジュース・ロビンソンとバッドラック・ファレ

間近に迫った愛知大会ビッグマッチですが、今年からスタートしたためにそのSENGOKU LOADという名前がまだ全然耳に馴染んでいません。なんとなくどんたくシリーズの他ビッグマッチは火の国(熊本)、安芸の国(広島)、豊の国(別府)と~~の国シリーズが続いてい…

過去対戦で振り返る飯伏幸太対ザック・セイバーJr.

NJCからのMSG、そして年間最大級のビッグマッチである大阪城ホール、そんな大一番に挟まれた結果割とあわただしく色々な試合が組まれる印象のあるどんたくシリーズ。最近だと3,4大会のビッグマッチも当たり前になりつつあるようなロングシリーズですが、そ…

どんたくシリーズの注目、謎シングルマッチ説

新日本プロレスファン、というかオタクの間には「謎シングルマッチ」という言葉がある。おおよその意味は「なんで今このシングル組まれたんや?という」試合のことで、ヤングライオン同士のオープニングマッチやこれまでの因縁から生まれたイコン決着戦、そ…

結婚報告で振り返るプロレスラーと結婚

新日本としてはMSG大会の熱狂もそこそこにさぁ次シリーズだ、と身構えていた今日この日、割ととんでもない爆弾が投下されました。 www.huffingtonpost.jp 私事ですが以前よりお付き合いさせて頂いていた三森すずこさんと入籍したことをご報告させて頂きます…

新日本プロレスでの両国国技館開催ジュニアイベントを振り返る

次期シリーズに向けていろいろと期待感を高めている心地のする4月、パッと見渡した感じで結構話題にされているのはBest of the Super Jr.の参戦選手についてですかね。 【“ジュニア最強決定戦”の顔ぶれは?】4月23日(火) 後楽園ホールにて、『BEST OF THE SU…

各種数値で比較する過去新日本米国興行とG1 Supercard

怒涛のWrestleMania Weekも終わって日米だけでなく世界中のプロレスファンもようやく一息付けたような心地がしますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。とはいえ新日本はすでにどんたくシリーズのカードが発表され、WWEだって早くも色々と動きがあるようで、…

過去対戦で振り返るザック・セイバーJr.対棚橋弘至

さて現地時間の日付的には今日開催される新日本&ROHのMSG大会ことG1 Supercard、一番の心配事は中継までに起きれるかどうかっちゅう感じです(日曜朝開始、のはず)。流石に全試合については調べる時間も知識もなかったので割愛した部分は多々ありますが、新…

2019年3月の新日本プロレス ツイート+大会動員数解析

なんだかんだ言いつつ月初めの2,3日でいつもは書き上げていた記憶がある新日本プロレスの月例報告なのですが、さすがに年度終わりと年度初めは忙しさが違った、いやまぁNJCの終了とMSGとレッスルマニアウィークでまさに「盆と正月がいっぺんに来た」ような…

過去対戦で振り返る内藤哲也対飯伏幸太

諸事情によってすでに四月馬鹿及び新年号の乱痴気騒ぎの余韻も冷めているころにこの記事は公開されているんですがある種異様な盛り上がりでしたね、アレ。個人的にも何も新しい元号は字面がかなりカッコよくて慣れるのに時間がかかりそうです。 それはさてお…

7つの数字で振り返る新日本プロレスでのマイケル・エルガン

先日のエイプリルフールのバカ騒ぎから一晩明けた先に待っていたのは、それこそ「嘘だろ?」って感じのニュースでした。 【お知らせ】マイケル・エルガン選手が契約満了につき、新日本プロレスを退団 https://t.co/RZZ77llsHM #njpw pic.twitter.com/HaMxiGn…

各種数値でみる石森太二、ドラゴン・リーそしてバンディード

気付けばもう今週末に迫っている新日本MSG大会ことG1 Supercard、今回は新日本から身のカードの中でもいち早く決定したIWGPジュニアヘビー級選手権についてです。 【現地時間・4月6日MSG・全カード決定】第6試合“IWGPタッグ&ROH世界タッグ選手権”は、G.o.D…

過去対戦で振り返るオカダ・カズチカ対ジェイ・ホワイト G1Supercard直前版

新日本プロレスのMSG大会、G1 Supercardまでまさにあと数日となり現地アメリカは俗にいうWrestlemania Weekで盛り上がりを見せていますね。と思いきや日本から参戦する予定だったドラゴンゲートの面々がビザの問題で出場できなくなったりとこの直前にきても…

チャンピオンカーニバル2019がどれくらい「王者の祭典」か、という話

昨年末のことになりますが、新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUEと全日本プロレスの世界最強タッグリーグが日程が大きくかぶっていたのを見て、新日全日そしてノアのリーグ戦日程を調べたことがあるんですが(下記参照)その時に感心したのは、タッグリーグは被…

各種数値で機運を高めるチャンピオンカーニバル2019

プロレス界における春といえばその実いろいろなイベントがあります。新日本でいえば先日閉幕したNEW JAPAN CUP、そして海の向こうでは世界最大規模のプロレスイベントであるWRESTLE MANIAがあったり。それらに負けぬ日本プロレス界春の風物詩といえるのが全…