プロレス統計

「プロレスの数字とプロレスする」をテーマにプロレスに関連する数字を調べ、まとめ、考えるブログです。

MENU

G1 CLIMAX30 Twitter予想:初動調査報告

今年はいろいろとイレギュラーな状態ということもあって今年はないかなぁと思っていたんですが、ちゃんと今年もありましたTwitterでのG1各種予想。
もう何回目になるかという感じですが私がプロレスに関する集計を始めたのはG1の決勝カード予想が始めだったのでやはりこの予想が始まるとなんとも気分が上がるのですよ。

というわけで今年もTwitterでのG1予想について初動を集計したのでご報告です。

 

Twitter予想の今年の仕様

まず初めに今年のTwitter予想は例年と少し仕様が変わっています。
例年であれば「#G129S」が各試合での勝敗予想共通のハッシュタグ、「#G129K」が決勝戦のカード予想の共通ハッシュタグという風に準備がされていたんですが今年はそれが撤廃されることに。
その結果#njpwまたは#G1CLIMAX30で検索をかけ、そこから予想ツイートかどうかを判別する仕様が必要になりました。
勿論この2つのタグには通常のツイートも多く含まれるので集計に余分に時間がかかりそうな気はします、残念。

で決勝カード予想のツイートが上のツイート。
予想したカードの画像に加え、「#G1K1018_」で始まるタグが付いていると思います。
このタグがどのカードを予想したのかを示しており、”_”以後の4桁の数字がどのカードを選んだのかを示しています。
この4桁の数字の前半2つがAブロック代表、後半2つがBブロック代表の予想に相当し、この数字は各ブロックの星取表で上から何番目の選手かを示していますね。
今回でいうとAブロックはオカダ、BブロックはSANADAという予想なので#G1K1018_0307というタグになっています。

 勝敗予想のツイートの例がこちら。
勝敗予想の場合は「#G1S」から始まるハッシュタグが付いており、G1S~”_”までの間の4桁の数字が大会の日付、”_”以降の数値が具体的な勝敗予想内容になっています。
この5桁の数値はそれぞれ勝敗予想ページの上から順に左側の選手が勝てば1、右側の選手が勝てば2、引き分けなら0という勝敗予想になっています。
今回のツイートでいうと予想したの9.19大阪大会で、上から順にオスプレイ(左)、コブ(左)、石井(左)、ジェイ(右)、オカダ(左)の勝利を予想していることに。

決勝カード予想初動調査

各試合の勝敗予想については予想ページに集計結果が出ているので、今回はあまり出ない数値として決勝カード予想でどのカードが上位に来ているのかを現段階で報告。
ちなみにこの時点で390件のツイートが集計されています。

f:id:Rodyonsw:20200917201444p:plain

得票数上位10件がこちらですがトップ4が見事にSANADAがらみという渦巻くSANADA待望論状態。
その中でも他の選択肢を引き離しているのがオカダvsジェイ(82票、21%)ジェイvsSANADA(66票、17%)
オカダSANADAというと2019年に4度もやってもうしばらくやらなくていいよ!という感じもあった気がするんですけど最後の対戦は10月、そこから1年近いスパンを空けたことでそろそろ機運が上がってきたという感じはあるんですかね。
ジェイvsSANADAでいうと今年2月以来になるので♂いう新鮮味という意味では一歩劣るか。

f:id:Rodyonsw:20200917201859p:plain
f:id:Rodyonsw:20200917201907p:plain

続いて各ブロックごとに得票数を調べたものがこちら。
ちなみにAブロックは全員の名前が挙がっていますが、Bは一人足りない…一体何ース・何ンソンなんだ・・・(まぁ初動だから・・・その後1日集計したら投票がありました)
合計数値としてもAブロックはオカダorジェイに絞られ、BブロックはSANADA一強という感じですね。

Aブロックでいうと人気選手は多いものの、飯伏は昨年優勝者なので避けられ、現在IWGPに縁遠く、優勝が久々or経験なしなオカダorジェイという感じになっているのかも。
まぁこの後の内藤さんへの挑戦を踏まえると長年の因縁があり今年のドームで決戦したオカダ、もしくはEVILとの抗争で因縁が深まったBULLET CLUBの”真”ボスたるジェイという構図が頭にあるかもしれません。

対するBブロックはSANADAが過半数取っているのでこれはもうひっくり返らないでしょう、という感じ(実際集計を始めて以降初動で1位だった選手が良そう1位を転落したことはないはず)
Aブロックと同じく対内藤を考えるとBの中では一番対戦経験が浅くも同ユニットでの頂上対決、もしくはEVILと同じように・・・?というのも伺えてくる構図もあったり。

おまけ:Twitter予想は当たるのか?

とはいえ予想はあくまでも予想、現実として予想が当たるのか…?
という気もしたので少なくとも手元にあるデータがG127の時の集計結果があったのでそれ以降のTwitterでの決勝カード予想と現実での決勝カードを並べると…

f:id:Rodyonsw:20200917223324p:plain

(的中は赤太字)
完全な的中2度、片方だけ的中1度、驚異の的中率83%!
となるとこれはオカダかSANADAのどっちかが決勝進出はカタいな…果たしてどうなるか・・・
ソース:G127当時の集計ツイート(最終結果ではないけど)
G1 CLIMAX 28 Twitter決勝カード予想集計・最終結果編 - プロレス統計
G1 CLIMAX 29 Twitter決勝カード予想:最終結果編 - プロレス統計

 

所感雑感

ということでTwitter予想開催やったー記事です。
毎年書いているけど私の集計・統計・解析屋としての原点でもある企画なのでやはり毎年この時期が楽しいのです。
例年のごとく毎日集計して、中間と最終結果についてはまた別途記事にする予定ですが、大勢は変わらないんですが結構公式戦の進行状況によって大きく票を伸ばす選手もいたりして面白いのでお楽しみに。

きょうはこれまで、それでは