プロレス統計

「プロレスの数字とプロレスする」をテーマにプロレスに関連する数字を調べ、まとめ、考えるブログです。

MENU

【5月第3週】RAW/Smackdownツイート・視聴者数推移

5月第3週に行われたWWEのTV放送、RAWとSmackdownLIVE(以下SDLive)、についてのツイート・視聴者数解析です。
今回もTwitter関連数値(ツイート数、RT数、ユーザー数)についてはハッシュタグ#raw、#SDLiveについて集計を行い、
視聴者数についてはPWInsiderの報告を参考にしました(RAWSDLive)

ツイート視聴者数推移

f:id:Rodyonsw:20180518000128p:plain

グラフの一番上は1時間辺りのツイート/RT数、2段目が番組全体のユーザー数、一番下が平均視聴者数になっています。
縦軸が各数値、横軸が日付となっており、凡例のとおり赤色がRAW、青色がSmackdownのデータを示しています。

RAWのツイート数は9,758ツイート/時間、RTは15,255RT/時間、ユーザー数は6,320人、平均視聴者数は2,741,000人
SDLiveのツイート数は8,742ツイート/時間、RTは11,999RT/時間、ユーザー数は4,197人、視聴者数は2,298,000人でした。

RAWのツイート数はついに1万ツイート割れ、11月初週の放送以来の数値となってしまいました。
ユーザー数も同様に減少していますが、その一方でRT数と視聴者数は微増と持ち直しています。
SDLiveについてはTwitter関連の数値については先週に引き続き減少、視聴者数については同程度の数値でした。
先週の時点で「下げ止まり」もしくは「持ち直してきている」という印象はありましたがそれでも各数値の減少傾向から抜け出せていませんが、果たして次回のPPVマネーインザバンクを経て回復することは出来るか否か。
まぁ、集計以降で見ても低い数値とはいえ、安定しているといえば安定しているので「これがいつもの状態」という気もしますが

参考 WWE TOP10

 RAW

www.youtube.com

(あれこのサムネイル前回のRAWのでは・・・?)
それはさておき現在WWEはヨーロッパツアー中、ということでRAWもロンドンで収録が行われていました。
なんとなーくですけど観客の歓声もアメリカとはちょっと違う気がしますね、アライアスのシーンでちょっと聞こえましたけど試合中に歌を歌うのがイギリス流観戦、らしい。
というかせっかくグレイテストロイヤルランブルでもらった豪華なトロフィーが・・・怒られそう

SDLive

www.youtube.com

いつの間にか、というか今大会からNXT(WWE内の別番組、WWE Networkで配信中)で活躍したアンドラーデ・”シエン”・アルマスがSDLiveデビューしたみたいですね。
自分はNXTまではチェックしてなかったんですが、結構がらっと変わった印象があるので試合を見るのが楽しみですね、次のPPVでも試合が組まれるかな・・・

きょうはこれまで、それでは


プロレスランキング