プロレス統計

「プロレスの数字とプロレスする」をテーマにプロレスに関連する数字を調べ、まとめ、考えるブログです。

MENU

【4月第5週&5月第1週】RAW/Smackdownツイート・視聴者数推移

4月第5週と5月第1週のWWETV放送のツイート・視聴者数推移です。
今回もツイート数については#raw、#SDLiveについて集計を行い、
視聴者数についてはPWInsiderの報告を参考にしました(RAWSDLive)

 ツイート/視聴者数推移

f:id:Rodyonsw:20180503230540p:plain

一番上は1時間辺りのツイート/RT数、真ん中が番組全体のユーザー数、一番下が平均視聴者数になっています。

RAWのツイート数は13,600ツイート/時間、RTは18,244RT/時間、ユーザー数は8,023人、平均視聴者数は3,066,000人
SDLiveのツイート数は10,086ツイート/時間、RTは15,102RT/時間、ユーザー数は4,636人、視聴者数は2,436,000人でした。

いずれの数値も大きなビッグマッチ前後の盛り上がり時期を除く、”通常”の時期の数値付近ですが先週と比べるといずれも減少しました。
一応このTV放送の前にグレイテストロイヤルランブルなんかもありましたけど、内容こそ豪華なものの通常のストーリーラインにはあんまり影響がなかったのでそれによって注目度が上がる、ってことでもないみたいですね。

参考:Youtube Top10 moment

www.youtube.com

上では「あんまり影響なかった」なんていいましたけど、GRRで大きく流れが変わったのはタイタスでしょうねぇ・・・WWEは何がチャンスに繋がるのがわからないのが面白いと言えば面白い。
というかセス対ベイラーとか普通に見たい・・・見たくない?(多分Backlashでもやるんだろうけど)

www.youtube.com

サムネはAJ(の○)を狙うナカムラの図、多分デビューしたてのころは「独特なスタイルの"アーティスト"」みたいなのだったのが完全に「ヤベー奴」になってるよなぁ・・・
でもこの襲撃シーンでも結構歓声が上がってる辺りそのキャラが受け入れられつつある、のかなぁ?

きょうはこれまで、それでは