プロレス統計

「プロレスの数字とプロレスする」をテーマにプロレスに関連する数字を調べ、まとめ、考えるブログです。

2.23 新日本プロレス HONOR RISING 1日目 ツイート解析

さて今年で3年目となるHONOR RISINGの1日目、今年はリング周りを本家に近づけることでより直輸入感を高めた大会についてツイート解析をしていきましょう

集計結果

f:id:Rodyonsw:20180223230439p:plain

横軸が現地時刻(JST)、縦軸がツイート数/分になっています。
今大会は18:30開始、21:00前に終了しました。

今シリーズの専用ハッシュタグは#njROHで、今回のツイート数は3,750ツイート(#njpw:2,381)、ユーザー数は722人(#njpw:681)となりました。
前回の後楽園大会(IWGPタッグ戦が行われた)が1999ツイート、554人だったのでそれと比較してもかなり増えていて今大会への注目度の高さが窺えますね。

それでは中継中に特にツイート数が増えた点について内訳を見ていきましょう(今回は10分区切りで解析)。
※以下、大会のネタバレを含みますのでご注意ください、試合結果は以下リンクから公式で確認しましょう。

www.njpw.co.jp

新鋭、フリップ・ゴードン!

 

時刻:19:38
ツイート数:48tweet

最初のピークはROHの期待の新ハイフライヤー、フリップゴードン。
キャリアは浅いらしいんですがロープにのってのキックとかの真新しい動きや切れの良いファイヤーバードなんかは目を引きますね、
タイプ的にはオスプレイやリコシェとは違う、ACHみたいな全身バネの固まりタイプのハイフライヤーって感じですね。
そういう素質のよさが、試合巧者かつ全くタイプの違うのKUSHIDAとヒロムによって対照的に引き出された感じですが、惜しむべくはちょっと動きが硬かったとこですかね。
まぁ本人はBOSJへの参戦を希望してるみたいですし、長期参戦してリングになれてもらって、本領が見たいとこですね。

もぐもぐタイム

時刻:19:46
ツイート数:48tweet

 

積極的にパクって行くスタイル。
ダルトンキャッスルはまえから絡んでいた気もしますけど、案外ジェイ・リーサルが陽気な実力者って感じで田口ジャパンと合いますね。

復活、ゴールデン☆ラヴァーズ

時刻:20:23
ツイート数:90tweet

さて次はこの興行の目玉中も目玉とも言うべきTEAM CODYとTEAM KENNYの直接対決となる一戦。
ちなみにこの直前のピークはマーティの真っ白なコスチュームについての反応ですね、白=飯伏のカラー=TEAM KENNYとかいう予想もあったけどどうなんすかね。
そしてゴールデンラヴァーズの新テーマで入場してきた二人、コール順は飯伏→ケニーでしたね。
ぶっちゃけここ数年のケニーの頑張りを考えると再結成で簡単にひっくり返っちゃうのはどうなん?と思ったりもします。

クロス・ラッシュ!

時刻:20:39
ツイート数:41tweet

いずれにしたってやはり観客のゴールデンラヴァーズへの反応の大きさは段違いですね。
正式なタッグは明日とはいえ数年ぶりのタッグとあってその合体技への歓声がやっぱりデカイ。
なんですけど、飯伏はいつもどおりだし、ケニーも合体技・連携を出して入るものの、この6人タッグの残り4人の意識は離れていったケニーに向かっている感じですよね。
実況でも言ったとおり、バレクラのメンバーのケニーに対する思いは強い、からこそ憎しみや未練や・・・といったのが出るのに対して、飯伏についてはそういう思いは全くない、というのがまさにぴったり来る表現ですかね。
割とそれに似た感情が、「DDTは見てないけど新日本でのケニーは見てきた」層の心の内にも沸いてるんじゃないかなーとか

BULLET CLUB is fine, and BULLET CLUB is mine

時刻:20:46
ツイート数:44tweet

とかいっているうちに我らがチェース・オーエンズの奮闘空しくケニー組は敗北。
そして3年目のHONOR RISING1日目を締めたのはコーディ、誰が巧いことを言えと、いやしかし日本人にもわかりやすい英語を使う辺りよくわかってるなぁ。
それはさておき、結果としては翌日の正タッグ対決に向けての予告になったわけですが、果たしてすんなりGL勝利といくのかどうか
というかまぁコーディが場を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して他のメンバーが付いていけてないようにも見えるし、うーん

所感雑感

というわけで、GL復帰第一線ではあったものの、不穏な空気を残して終わることになりましたね。
逆に言えば明日の二日目に向けた良い”引き”という見方もできるんですけどね。
大会全体としては継続参戦してたダルトンやジェイリーサルといった選手はいつも通りの動きを魅せてくれた一報で、初参戦となったフリップゴードンやブルーザーはちょっと緊張のせいかちょっとぎこちなくも見えましたね。
それにしたって、今年はキャンパスもコーナーパットもガラッとROH仕様に変え、名物である鉄柵の板(今回は木製だけど)を設置したりで大会の雰囲気づくりとしては大きな一歩でしたね。
なんだかんだで観客の受け入れられ方も好転しつつ歩きもするのでこれがどんどん定着していけば良いなぁと思う限りです。

それでは

 (2/24追記)
各項目のツイート数が#njpwで集計した時のものになってました。
各数値を#njROHでのものに変更しました。